当店は昭和初期に祖父が山の芋の商いを手掛けて以来80余年篠山にて山の芋をはじめとした地域特産品を生産販売しています。長年培ってきた栽培経験と近年の栽培技術の知見を深めることでよりよい作物の生産を目指しています。

丹波篠山は、盆地が多く、昼夜の気温差が大きい独特の気候風土に育てられた特産物がいろいろあります。「丹波黒大豆」、「丹波栗」、「丹波松茸」などは、全国的に知られる丹波ブランドです。そして、当店の主力である山の芋も、丹波篠山で江戸時代から栽培されている歴史ある品目です。






しかし、丹波篠山の山の芋は、21世紀に入ってから生産量の減少が止まらず、20年ほど前に比べて約4分の1になってしまいました。食べ物の「旬」というのは時期的に最も適しているということですが、「特産」というのは場所的に適しているということかと思います。そうした伝統ある特産品の一つである山の芋を、多くの方に好んでいただける品とし、地域での生産も回復させたいというのが私の想いです。

当店では、山の芋をはじめとする丹波篠山の特産物をより楽しんでいただけるよう商品紹介だけでなく、レシピ紹介なども行っています。
丹波の自然が育てた四季折々の豊かな味覚を、ぜひお楽しみください。

 





 
ホーム
トップ